【90分が勝負?】良質な睡眠を実現するマットレスおすすめ!

日中忙しく活動して疲れているにもかかわらず、なかなか眠りにつけなかったり、眠ってもすぐに目が覚めてしまったり、寝付けても翌朝腰が痛くなるという経験がある人は多いと思います。

睡眠時間は単に休息しているだけではなく、細胞をはじめとする身体をメンテナンスする事が、最近話題になってきています。

さらに、睡眠の質を上げると「美容」や「健康」の改善に関わる「成長ホルモン」は、入眠から約90分くらいの深い睡眠の間に分泌されることがわかっています。

このときに深い睡眠(ノンレム睡眠)がしっかりとれていると、より多くの「成長ホルモン」が分泌されて、肌の修復につながると考えられてきています。

かつては「睡眠のゴールデンタイム」として夜の10時〜翌朝2時までに寝ることで「成長ホルモン」が多く分泌されると考えられていました。

しかし実際には、何時からであっても入眠から約90分の間に深い睡眠が取れていれば「成長ホルモン」が分泌されることが分かりました。「成長ホルモン」は脳の活性化にも関係しており、80歳からでも「成長ホルモン」によって脳は進化することが分かっています。

その原因が、寝ているマットレスに、原因があったとしたらどうしますか?

今回は、そんなあなたに合った、おすすめのマットレスをご紹介したいと思います。


寝心地よいマットレスおすすめは?

睡眠中の体をしっかり支え、快眠をサポートしてくれる「マットレス(ベッドマットレス)」。

いいマットレスで寝ていると、寝返りがしやすく、適度な反発力があり、沈み込みが少ないので、コロッと横に回転がしやすくなっています。寝返りは健康的な睡眠に非常に重要で、体への負荷を分散し、疲れが取りやすくなります。

寝心地のよいマットレスとは?

良いマットレスを選ぶ条件には、体圧分散性や正しい寝姿勢、保温性・通気性、寝心地、清潔・安心素材などのポイントが、それぞれあげられます。

自分の身体の癖に合うマットレスを選ぶ

適切な寝姿勢を保てるように、自分に合ったモノを選ぶことが大切です。しかし、数多くの製品が展開されているため、何を選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか?

マットレスの選び方

マットレスは、体圧分散性に優れた製品がおすすめです。体圧分散とは、体の一部分に圧力がかからず、全体的に圧力が分散されている状態のことを指します。

ベッドに横になると体の出っ張った部分や、重さがある部分に強い圧力がかかりやすいのが特徴。

体圧分散性の低い製品を使用すると、腰まわりなど一部分に負荷がかかり、快適な寝心地を得られなくなってしまうため注意しましょう。

体圧分散性の高いマットレスは、体の凹凸や重さに合わせて沈み込むので、体圧が均等になりやすく負担を軽減できます。

また、体の軸がまっすぐになることで、自然な寝姿勢を保ちやすいのもメリットです。

体型や寝方の癖に合わせて、マットレスのタイプを選ぶ

体型や寝方は人によって様々です。

そこで、種類や適した硬さマットレスのタイプをまとめてみました。

購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ポケットコイルマットレス

出典|マットレスのおすすめ人気ランキング52選【専門家が選び方を解説】|徹底比較 | mybest (my-best.com)

ポケットコイルマットレスは、中材にコイルを使用し、体を点で支えるのが特徴。コイルは独立型のため腰や頭など重い場所だけピンポイントで沈み込み、体に不自然な負担がかかりません。

また、体のラインに沿ってマットレスが動くため、適度なフィット感を得たい人にはポケットコイルがおすすめです。

さらに、個々の独立したコイルのおかげで振動も伝わりにくいため、2人で使用する場合にも向いています。

ボンネルコイルマットレス

出典|マットレスのおすすめ人気ランキング52選【専門家が選び方を解説】|徹底比較 | mybest (my-best.com)

ボンネルコイルマットレスは、マットレスの基盤となるコイル同士が連結しており、体を面で支えるのが特徴です。

ポケットコイルマットレスに比べて硬めな寝心地の商品が多いので、がっちりとした体型の人におすすめです。

ただし、コイル同士がつながっているため横揺れしやすく、柔軟性に欠けしまい、ボディラインがはっきり出ている女性や、体重が軽い人には適応しにくい傾向があります。

高密度スプリングマットレス

出典|マットレスのおすすめ人気ランキング52選【専門家が選び方を解説】|徹底比較 | mybest (my-best.com)

高密度スプリングマットレスは、硬い寝心地を求めつつ、柔軟性もほしいという人におすすめです。

ボンネルコイルマットレスよりも多くのコイルを使用しており、体の沈み込みもしません。

また、クッション性をアップさせた商品も増え、高耐久という利点を活かし、寮やビジネスホテルでもよく使用されています。

しかし、寝返りを打ったときにマットレスが揺れやすいため、1人で使用するのがおすすめです。

高反発マットレス(コイルなし)

出典|マットレスのおすすめ人気ランキング52選【専門家が選び方を解説】|徹底比較 | mybest (my-best.com)

高反発マットレスは、適度に弾力があり、硬めの寝具を好む人や、体重が重い人におすすめです。

最も体重のかかる腰回りが沈み込み過ぎないため寝返りも打ちやすく、不自然な姿勢になることも少なくなり、寝返りも、反発力がサポートしてくれます。

しかし、同じ姿勢で眠り続けると、圧力が同じ箇所に集中し血行不良になってしまう恐れがあります。

低反発マットレス(コイルなし)

出典|マットレスのおすすめ人気ランキング52選【専門家が選び方を解説】|徹底比較 | mybest (my-best.com)

低反発マットレスは、体に合わせて沈み込むのが最大の特徴です。

押し返す力が控えめで、集中して体重のかかる腰回りや頭などは深く、ふくらはぎや腕などは浅く沈む特性があり、体重が重いと沈み過ぎてしまう素材なので、体重が重い人にはおすすめできません。

また、寝返りを打ちすぎて寝付けないという人には、寝返り防止対策におすすめ

各ベットの特性をまとめると下記の図のようになります。

出典|《2024年》マットレスおすすめ38選。人気の高コスパ製品から高級メーカー製品まで – 価格.comマガジン (kakakumag.com)

 

なぜホテルのベットは寝心地悪いのか?

ホテルのベッドは、やわらかすぎ、コイルがゴツゴツしていて背中に当たる等、寝心地が悪い場合があります

また寝心地の良い高級ベッドでも、枕が違うためにぐっすり眠れない、慣れないために落ち着いて眠れなかったりといった経験をお持ちの方もいるでしょう。

ホテルのベッドで最も重要な要素

ホテルのベットは仕事・長旅で疲れた利用者が、快適に過ごせるようにするため重要視されています。

プロ仕様のホテルベッドが一般のベッドより優れている点

ホテルのベッドで最も重要な要素は、寝心地と耐久性です。

ホテル利用者は常に変わるため、長期間使用できる耐久性がベットに求められています。

寝心地に優れています

ホテルベッドのマットレスの種類としては、「ポケットコイルタイプベッド」が主流になってきています。

理由は、コイルが連結されておらず、1つ1つが独立しおり、高い体圧分散効果により、自然な寝姿勢が保てるからです。

耐久性に優れています

不特定多数のお客様が泊まるホテルでは、いろいろな体型のかたが、色々な使い方でベッドを使われてます。

そのため、あらゆる状況を想定して、何万回という耐久性テストに合格したベッドだけがホテルでは採用になります。

通気性に優れています

一般的に、窓の開かないホテルの客室内では、換気・通気性も重要視されます。ホテルベッドのボトム(ボックススプリング)は、中はコイル構造で、周囲は全て通気性の良い布張りですので、上下動のクッションによる空気圧はすべてサイドや下部に抜ける構造になっています。

ベッドメイクがし易い設計です

ホテルのベッドに最も触れる機会が多いのは、宿泊のお客様よりも、実は、日々ベッドメークしている、ホテルのメイクの担当者です。

ホテルの客室は、日々宿泊されるお客が変わるため、毎日ベッドメイキングが必要です。そのため、頻繁にベットメイクがしやすい設計にしなければなりません。

すべての条件が当てはまるマットレス

さて、いろいろ解説しましたが、ホテルのベットに採用されていて、一般にもリーズナブルな値段で販売されているマットレスがあるのをご存じでしょうか?

それが、今回オススメしたいマットレス、株式会社ミドルウッドのDeluxe10です。

通気性が良く、体温調整にも優れているため、心地よい睡眠環境を実現したマットレスになります。

高品質のメモリーフォームを使用したマットレス

ソフテックスの成形メモリーフォームマットレスは、最新のメモリーフォーム技術を採用し優れた体圧分散サポートを実現しました。



5つの安心と認証テクノロジー

アメリカ本土でも認められた5つの認証を取得しております。

アメリカCertiPUR-US(サーティピュア)認定取得

内容物、排出物、耐久性について厳密な試験に認定されている商品です。

vent AIR(ヴェントエア)の技術の導入

冷却を強化するため、設計に取り入れた技術でありメモリーフォームの換気をより強化し、涼しい睡眠環境を作り出します。

Microshieldの採用

実験室で試験され、1ミクロン以上のすべてのアレルゲン粒子の99.78%をブロックすることが証明されています。

IDEAL ComfortTechnologyの採用

温度調節相変化物質(PCM)を備えることにより、肌の温度を調節し、睡眠のための最適な快適ゾーンを実現しました。

iCOOL テクノロジーシステムの導入

人体などから発せられる水分に反応して、繊維が熱を吸収・放出させることで清涼機能をもち、より快適な睡眠が得られます。

体圧分散試験でも立証された確かな寝心地

SOFT-TEX独自の高性能ジェルフォームが、横になったときの体への比重をキレイに分散しゆったりした睡眠を実現します。

ホテルで実際に使用しているマットレス

実際にホテルのベットに使用されており、宿泊して頂いたお客様から高評価を頂いております。

安心の5年保証

5年間の保証期間付きです。

もし、マットレスに何かあっても安心して使用していただけます。

 

まとめ

最後に、マットレスは、使用している素材によって寝心地が変わります。体の一部分だけに圧力がかからない硬さで、寝返りがしやすいモノがおすすめです。この記事を見て、マットレスにこだわってみようと思った方は、少し贅沢して快適なベッド環境を整えてみてはどうでしょうか?

おすすめしたマットレス購入は↓をクリック!



コメント

タイトルとURLをコピーしました